Loading…

スポンサーサイト

Posted by ジェスコ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老舗翻訳会社ジェスコの「今日のフランス語、今日の一枚」

Posted by ジェスコ on 13.2016 豆知識
Tag :翻訳会社 ジェスコ フランス語 大阪 老舗 ビデオ
翻訳会社ジェスコでは、フランス語の学習に役立つビデオを作成、公開しています。まだ本格的なものではありませんが、今後は工夫しながら良いものにしていきたいと思っておりますのでよろしくお願いします。



翻訳業界、翻訳会社、翻訳者のビデオやスライドショー(および画像)の使用率は非常に低く、当社が先頭を切ってもっと気軽に活用できるよう広めていきたいと考えています。

今後ともよろしくお願い致します。



翻訳会社ジェスコ


スポンサーサイト

珍魚?

Posted by ジェスコ on 08.2012 豆知識
Tag :翻訳会社 ジェスコ フランス語 Bach バッハ 金魚
北京は、「ペキン」であるが、実際は Beijing (ペイチン)である。

また、フランスでも北部に行くと 犬の chien (シアン)を 「キアン」と発音する地方がある。
大作曲家のバッハBach)は、フランス語では 「バック」と発音されるが、その地方では「バッキ」となり、
私のフランスの友人などは、もうフランス語ではないと言っていた。

「キ(ki)」と「チ(chi)」は、区別がつきにくいのだろうか?

ここに4才と2才の姉妹がいる。

お姉ちゃんは、金魚を全く問題なく「キンギョ」と発音できる。
しかし、2才になったばかりの妹は「チンギョ、チンギョ」という。

「チン」の意味まではっきり分かるお姉ちゃんは、笑い転げる。
そんな光景をほほえましく見ている今日この頃である。






翻訳会社ジェスコ

中国語と老舗翻訳会社

Posted by ジェスコ on 17.2012 豆知識
Tag :翻訳会社 ジェスコ 中国語 学生 留学 正社員 翻訳者 英語
翻訳会社と言えば、「英語翻訳会社」である。基本的にその他の言語のことは全く考慮していない
翻訳会社が殆どである。

しかし、最近は中国の経済的発展により中国語も需要が増え、英語一辺倒の翻訳会社でも
中国語は無視できず、最低、英語中国語を扱えることが基本条件になってきたと言ってもいいだろう。

日本でいう英語は、色々と紆余曲折を経てきたものの一日の長というか、それなりにできるようになってきた。
外国語イコール英語であり、翻訳会社イコール「英語翻訳会社」であるから、まあ良しとしよう。

では、中国語はどうであろうか。今でこそ、中国への留学生も増え出来る人も増えてきたが、翻訳会社はどうであろうか?翻訳会社に中国語翻訳者がいる?いるはずがない、というのが基本である。

英語の正社員翻訳者すらいない翻訳会社が増えているのに、中国語翻訳者がいる訳がない。じゃあ、どうしてどこの翻訳会社も中国語の翻訳ができるのか。

どこの翻訳会社も中国の翻訳会社と提携しているからである。従って、中国語のできる日本人の学生を翻訳会社が雇う可能性も非常に少ない。ないといってもいいだろう。翻訳会社のメインの仕事は輸出向けである。だから、中国より安く中国人並みに訳せなければ価値がないのである。そこが英語と大きく違う。中国より安くというのは、現状不可能である。

平たく言えば、どこの翻訳会社も同じ様な事をしているので中国語の翻訳に差は出てこないとも言える。その中で如何に抜きんでるかが問題である。

老舗翻訳会社ジェスコも昔から中国語の翻訳を扱ってきた。中国語の正社員翻訳者がいた時期もあった。
以前の苦労話も知っている。しかし、20年、30年前とは大きく状況が変わっている。ジェスコにとっても
中国語を再検討する時期が来ている。







翻訳会社ジェスコ

室温28℃で不快は当たり前 ・・・

Posted by ジェスコ on 05.2011 豆知識
Tag :翻訳会社 ジェスコ 熱中症 28℃ 科学的根拠

どこかで聞いたことがあるのだが、28℃の状況で人と外界との熱の均衡が保たれるのだそうだ。
つまり、素っ裸でいられる状態ということになる。

但し、オフィスに素っ裸でいるわけにはいかない。クールビズであれなんであれ、服を着ている以上
28℃では暑く感じる人の方が多く、仕事の効率も落ちる。

節電ブームでよく耳にする28℃には、科学的根拠が全くなく熱中症になっても仕方ないし、実際になっている人がいくらも出ている。

国連でもクールビズを取り入れたらしいが、ニューヨークの国連の事務局ではエアコンの温度設定を2度上げて24℃にしたとか25℃にしたとか・・・。28℃なんて有り得ない話だ。

何の根拠もない温度設定で熱中症になり、老人や子供が命を落とす前に手を打つべきだ。







翻訳会社ジェスコ

エアコンをつけろ - PCの熱暴走と結露

Posted by ジェスコ on 01.2011 豆知識
Tag :翻訳会社 ジェスコ 熱暴走 結露 エアコン 節電 パソコン
節電ムード一色の日本だが、東北、関東のみの話である。

関東、東北の大手企業は、迷惑を被り気の毒である。つられて中小企業も
節電するところが多いとかなんとか。

翻訳会社は、基本的にパソコンやOA機器ぐらいしか電気製品はない。
もちろんエアコンはある。

さて、エアコンは人間だけを冷やしているのではない。パソコンなどの精密機械は、
暑くなりすぎると調子が悪くなり、最悪の場合熱暴走し壊れてしまう。

また、寒過ぎてもいけない。18℃以下になると、結露が起こる可能性がある。
ハードディスクが結露し、ディスクに傷がつく。もちろん、壊れてしまう。

こんなことは常識である。

精神論で「暑くても、寒くても我慢しろ」は、人間相手の話。PCは壊れる。

例えば、翻訳、データ管理を任せている翻訳会社があるとしよう。
その会社が室温を30℃に設定して仕事をしているとしたら、当社は
即刻取引を打ち切ることになる。

まずそんな基本的なことも知らないという時点で不合格であるし、
大切なデータを破損されてはたまらない。

もちろん大企業のようにPCが別の部屋にあり、管理されているのであれば問題ないが
あくまでも小さな事務所、会社の話をしているのである。人もPCも同じ場所にある場合の話だ。

モデムや無線ルーターも暑さに弱い。「モデムが調子悪いのでデータが送れません。」などと・・・。

夏の暑さもこれからが本番。

情報機器、ハイテク機器が暑さに弱い事も念頭において頂きたい。

人の命を救う病院の情報機器が暑さで不具合を起こすなどもってのほかである。







翻訳会社ジェスコ

多言語翻訳会社とトリック色々・・・

Posted by ジェスコ on 29.2011 豆知識
Tag :翻訳会社 老舗 ジェスコ 多言語翻訳 提携 トライアル 翻訳サンプル 一流のネイティブスタッッフ
翻訳会社ジェスコは、30言語以上を扱う多言語翻訳対応の翻訳会社である。

日本にも100あるいは200を超える言語を扱う翻訳会社もある。しかも、社員が1人、2人という会社もあるようだ。
どうしてそのようなことが可能なのだろうか?

答えは、簡単である。ヨーロッパなどには、100言語以上扱う翻訳会社も珍しくない。つまり、そのような会社に頼めばいいのである。「提携」と言えば聞こえはいいが、要するに海外の翻訳会社に依頼して、利益を上乗せして請求すればいいことである。

従って、社員が1人であろうが語学が出来なかろうが100言語以上に対応は可能である。英語すら出来なくても最悪出来る。そのようなシステムを採用している日本の会社に「提携」といって頼めばよい。

そのような形態をとれば、相手のヨーロッパの翻訳会社の翻訳者を含めて「翻訳者数を数千人」ということも出来る。また、日本人は普通いないので「ネイティブオンリー」とか「一流のネイティブスタッッフ」と宣伝することも出来る。

ジェスコの「提携先」の翻訳会社は、30言語くらいしか出来ないわけではない。おそらく100言語以上出来るであろうし、ジェスコは100言語以上出来る翻訳会社のリストも当然持っている。また、ジェスコ提携しているのも1社ではない。

では、翻訳会社ジェスコは「30言語以上」といい、何故「100言語以上」或いは「200言語以上」といわないのであろうか?

これも答えは簡単である。実際に、翻訳を依頼して「サンプル」として掲載出来る数が30言語くらいだからである。当社のホームページをご覧いただければわかる。トライアルではなく、翻訳を依頼したのである。

他の翻訳会社は、トライアルをしたのであろうか?トライアルを拒否する会社が殆どだ。従って、実際に依頼するしかない。実際に依頼したことのない会社にお客様の翻訳を頼むことはできない。当然のことだ。

翻訳料を払って依頼した文章だから堂々と「ホームページやブログにも掲載」できる。

トライアルもせず、実際に翻訳を自費で頼んだこともない翻訳会社に仕事を依頼してピンをはねる「多言語翻訳会社」があるとしたら、あまりにも悪徳である。

老舗ジェスコには到底できない所業である。








翻訳会社ジェスコ

これはチェコ語、ラトビア語、クロアチア語、それともスロベニア語?

Posted by ジェスコ on 24.2011 豆知識
Tag :翻訳会社 老舗 ジェスコ 多言語 ハンガリー語 チェコ語 クロアチア語
今回は、次の文章です。一体何語でしょうか?


Az 1966-ban alapított JESCO cég egy régóta működő fordító vállalkozás Japánban.
Számos nyelven kínálunk magas színvonalú fordítási, honlap lokalizációs és
globalizációs szolgáltatásokat házon belüli fordítóink és hivatásos fordítókból
álló kiterjedt hálózatunk segítségével.


多言語翻訳対応という翻訳会社は多いですが、実際にサンプルを出しているところは、
まずありません。
何故でしょうか?翻訳会社といえど翻訳代がかかるからです。

その翻訳代をけちる理由は何でしょうか?
仮に1言語5000円かかるとして、100言語対応の翻訳会社ならたったの(?)50万円です。
それくらいの費用を惜しむ翻訳会社で大丈夫でしょうか?

費用云々より、会社の姿勢だと思います。

さて、先ほどの答えは








ハンガリー語でした。


ジェスコ多言語サンプルで確認できます >>> 翻訳サンプル







翻訳会社ジェスコ



モデムと無線ルーター

Posted by ジェスコ on 05.2011 豆知識
Tag :翻訳会社 ジェスコ 無線ルーター モデム クラウド
最近、自宅のモデムと無線ルーターを新しくした。

モデムは、12Mのモデムで8年間レンタルしていたものだがキャンペーンもあり、
50MのADSLモデムに換えた。月々の料金も半額以下になり、スピードも速くなった。
メールアドレス、ホームページもとっくに無料の時代だ。IPフォンの雑音も消えた。気分がいい。

無線ルーターも買い替えた。こちらは、2年ぶりである。今は、最上位機種でも1万円前後で
購入できる。いわゆる全部付き(11a, b, g, n)でハイパワーの無線ルーターである。
これから購入を考えておられる方は、是非このレベルの機種を購入すべきである。
11aのハイパワーがポイントで、AV機器との使用で力を発揮する。

今回の震災でデータの管理・保管について、世の中全体が再考することになった。
クラウドが更に身近になってくると思われる。

会社の中にしかデータがないという事がいかに恐ろしい事か分ったであろうし、
会社から出してはいけないという規則もかわってくるであろう。

日本の各地、世界の各地にデータがあるというのが、ベストの時代になり
企業の対応もかわってくる。

個人レベルでもモデムやルーターが良くなった今、家以外にもデータがあることは
常識になるだろう。写真やビデオもいくらハードディスクや複数のメディアにコピーして
あっても家のみにある限り同じである。

防災グッズを揃えるのと同時にデータの管理についても考えたい。








翻訳会社ジェスコ





パソコンの部品交換で最も厄介なのは?

Posted by ジェスコ on 10.2011 豆知識
先週末、パソコンのマザーボードを2つ交換した。

いわゆる「自作派」(パソコンを部品単位で購入して組み立てる人)で
なければ分らないことであるが、パソコンの部品で交換が一番厄介なのは
どの部品であろうか?

メモリーやビデオカードが最も簡単であろうし、自作派なら日常茶飯事とは
言わないが普通に頻繁に行う交換である。

ハードディスクの増設は少し面倒になるが、まだ簡単である。しかし交換となると
かなり厄介になる。

CPUの交換もあまりしたくない作業だ。価格も高く失敗したらと思うとやや緊張する。

で、結局一番厄介なのは、マザーボードの交換であろう。つまり、すべての部品は
マザーボードに接続、固定されている。そのため、すべての部品をマザーボードから外し
再び取り付けなければならない。勿論、パソコンのケースを交換する(中身を全部他のケースに
移し替える)のも大変であるが、CPUはマザーボードに取り付けたままで大丈夫だし、
ケースを交換することにより OS が動かないなどの心配はないからだ。物理的には大変だが
精神的には負担がない。

そのマザーボードの交換を1日の内に2回行った。ひとつは、インテルのチップセットのリコールに
よるものであり、もうひとつは古めのパソコンの延命を図るためである。

半分以上は好きでやっているので疲れない。すんなり行けば、それなりの充実感がある。
これが出来なくなったら、私のパソコンライフも下降線ということになる。

そういう日も必ず来るが、どこまで抵抗できるであろうか。








翻訳会社ジェスコ





イモがイモを食う?

Posted by ジェスコ on 04.2011 豆知識
Tag :翻訳会社 ジェスコ 英語 フランス語 イモ カウチポテト タブレット iPad
Twitter をしていて タブレット端末はカウチポテト族云々という記事にたどりついた。

カウチポテトに懐かしさを感じて何気なくネットを見ていると、西洋ではカウチ(英語:couch
フランス語:divan)なるソファの一種に寝そべってずーとテレビを見ている人を
ジャガイモにたとえて potato と言っているようである。

さて問題は、ポテトチップスを食べているかどうかなのだが、それはどうも日本人の発想のようだ。
つまり「イモがイモを食っているかどうか」が議論されている(Wikipedia など)のだが、
どうもポテトチップスを食べているイメージは日本のもののようだ。

私もよくソファに寝そべって iPad を操作しながらテレビを見ているが、
ポテトチップスを食べるには手がふさがっている。
塩のついた指でタッチパネルに触る気もしない。
イモはイモが食えないのである。

が、タレントの千秋ならきっとこういうであろう。

「そんな事どうでもイーモん!プー!」






翻訳会社ジェスコ



  

翻訳会社の老舗ジェスコ

ジェスコ

作成者: ジェスコ
翻訳会社ジェスコの公式ブログ

社長や社員の日常を描くのでは
なく翻訳会社の老舗として
ジェスコにしか出来ない
情報発信をします。
 
〒542-0081
大阪市中央区南船場 3-12-21
心斎橋プラザビル新館4階

Phone: 06-6258-6338 

サムネイル版

検索フォーム

カレンダー+最終更新日

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

インフォメーション

半世紀の実績 - 翻訳会社ジェスコ

英語、中国語、フランス語、ドイツ語、韓国語など

コンピュータ、スマートフォン、プリンターなどのマニュアル、技術翻訳から戸籍謄本、各種証明書、一般文書まで

大阪市中央区は心斎橋に位置する
老舗中の老舗

JESCO

Translation since 1966

Google 動画検索

翻訳会社ジェスコは、YouTube チャンネルももっております。最近は、動画をアップしたり、海外の面白動画やお勧めの曲なども紹介しておりますので一度ご覧ください。     

Loading...
Loading...
developed by 遊ぶブログ

YouTube 関係など、ご要望などがございましたらお知らせいただけると検討、対応させて頂けるかもしれません。

TWITTER

翻訳会社ジェスコのツイート情報

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。