老舗翻訳会社と Wikipedia

Wikipedia が登場してから久しい。

Wikipedia に対する評価だが、情報量の多さには関心するものの評価自体は低かった。
所詮は素人の作った百科事典である。自分の得意とする分野などでは、すぐに間違いが見つかる。

しかし、世の中は変わっていく。無視はできない存在となって来た。

予想に反して、価値のある百科事典になってきた、役に立つようになってきた・・・という訳ではない。
勿論、充実してきたという側面もあるが、ツールとなって来たのは否めない。Wikipedia に書かれていることが真実かのように思われ、下手をすると巻き添えを食らうかもしれないということである。

もう少し具体的に書くと、誰かがもしく何らかの団体がグルとなってXX業界はYYであるなどと実しやかに書き込まれると「百科事典」に弱い人は信用してしまう。XX 業界で YY でなく、zz な会社は窮地に追い込まれる可能性がある。

ではどのように対処すればよいのだろうか?やはり、Wikipedia をある程度勉強しておくことである。
その上で、無視するか手を打つかを決めればよい。

Wikipedia は、誰でも編集できるというのが売りである。従って、うその情報は確固たる資料があれば修正できるし、取り消しを要求することもできる。そのためにも、Wikipedia の知識をもっておくのが得策である。また、良心的な「管理人」もいるので極端な内容は当然消される。

Wikipedia を勉強するには、実際にやってみるのが一番だが慎重にしたいものである。注意事項は山のようにあるし、ルールも厳しい。下手な記事を書こうものなら、クレームは来るし、バトルが始まる可能性も高い。挙句の果てには、永久追放を食らうものもいる。

如何でしょうか?また、このテーマで続きも書くつもりです。私もせっせと勉強中。






翻訳会社ジェスコ
スポンサーサイト

Tag:翻訳会社 ジェスコ Wikipedia 百科事典