国際バカロレア機構とは、「国際バカロレア」の旧称である

昨年8月に、「老舗翻訳会社と大学入学資格バカロレア」というタイトルで記事を書いた。
その後、色々調べたりして今日はその第2弾である。

日本政府は、国際的なグローバル人材の育成として「国際バカロレア認定校」を200校まで増やす方針を打ち出した。それには多大な費用がかかり、我々の税金がつぎ込まれる。従って、国際バカロレアとは何か?どのように血税が使われるのか、本当に大丈夫なのか?と監視する義務を負うことになる。口出しもしなければならない。

英語版の Wikipedia によると「国際バカロレア」は、スイスに本部を置く団体法人なのだが、以前は 「国際バカロレア機構」(International Baccalaureate Organization, IBO)という名前であった。ええ~っと思って、Google で検索しても出てくるのは、「国際バカロレア」であって「国際バカロレア機構」は出てこない。言葉が出てきても、それは他の会社や機関のページであって、「国際バカロレア機構」のものではない。つまり、「国際バカロレア機構」はないようである。

また、「国際バカロレア」の公式サイトを見ても International Baccalaureate® となっており、「国際バカロレア機構」とはなっていない。このことは、ツイッターでも何度もアップしたもののまだまだ認知されていないので、こうしてブログも使うことにした次第である。

ネット上では、「国際バカロレアとは、国際バカロレア機構が認定した大学入学資格」であるなどと訳のわからないことになっている。国際バカロレアと関わりのある会社、団体、日本政府のサイトでもそうなっている。

「国際バカロレア機構」は、2007年くらいに「国際バカロレア」に変わったらしいが、当の「国際バカロレア」もそのことを明記していないようである。日本政府と組んで日本に進出する気であれば、日本語のサイトをきちんと作って政府関係者だけでなく、日本国民に知らせるべきである。

念のため繰り返すが、「国際バカロレア機構」は「国際バカロレア」の旧称であり、両者はまったく同じものである

それにしても、名称に「機構」を入れる(入れていた)のは大げさな話に思える。まるで、国連か何かの機関のような印象を与えるが「国際バカロレア」は、スイスに一応本部をおいている英米系の一財団法人に過ぎない。2011年の営業利益も1.342億アメリカ合衆国ドル となっている。

次回は、関係もないのに何故「バカロレア」などと紛らわしい名前を使うのか等について書く予定。




翻訳会社ジェスコ
スポンサーサイト

Tag:国際バカロレア機構 国際バカロレア 旧称 英米系財団法人 営業利益 税金 監視義務