スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インバウンド翻訳なら老舗ジェスコへ

日本の翻訳業界といえば、輸出向けの日本製品のマニュアルなどを翻訳する産業翻訳から始まり、長い間その状態が続きました。

現在は、マニュアル翻訳はすっかり影をひそめ、アニメやインバウンド翻訳が力を持ってきました。

老舗ジェスコは、アニメは扱っておりませんが、インバウンド翻訳はたくさんさせて頂いております。

インバウンドといっても意味が広く、今まで輸出していたものを国内で「日本に来る外国人」に売るための翻訳ですから、そんなに内容が変わるわけでもありません。電気製品、衣料品、化粧品、伝統工芸品など幅広くなります。
もちろん、観光客が多いわけですから観光、ホテル系の仕事は急増中です。

ただ、言語は以前とは違います。ジェスコでも最近は、主流は英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語、タイ語、インドネシア語などになります。これらの言語は毎日のように翻訳をしております。但し、ヨーロッパ言語は激減です。

ジェスコは、今後もインバウンド翻訳には力を注いでいきますので、ご用命のほどよろしくお願いいたします。



翻訳会社ジェスコ




スポンサーサイト

Tag:翻訳会社ジェスコ インバウンド 観光 英語 中国語 韓国語 タイ語 インドネシア語

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。