同じ字を変えて読む

同じ文字でも、国や言語により読み方が違うのはご存じだと思います。

例えば、漢字

極端な例かもしれませんが、

「行」という漢字

日本人なら 「行く」、「行う」は、もちろんのこと

行動(コウ)、一行(ギョウ)、行燈(アン)くらいまでは、読めなければいけません。

固有名詞の行川(ナメカワ)などは数に入れないにしても、5つあります。

中国語では、不行(プーシン)、银行(インハン)などと読みます。

中国人や日本人が互いの言語を学ぶくらいならさほどでもないですが、
欧米人日本語中国語を学んでいる人もいますから、かなりの苦労がいるでしょう。

フランス語英語でも、ややこしくなります。

E は、英語でイー。フランス語では、I が イとなります。
G は、英語で ジー。フランス語で、ジーは J です。
細かい発音の差異はあるにしても、ややこしい話です。
英語フランス語を学ぶ日本人や韓国人も当然いますから。

文字でこれですから、単語や言葉はもっとややこしくなります。
それはまたの機会にするとして、まったく同じものを変えて読むことの大変さは
一種の「あっち向いてホイ」という感じです。




翻訳会社ジェスコ

スポンサーサイト

Tag:翻訳会社 フランス語 英語 日本語 中国語 読み方 漢字 欧米人 韓国人