フランス人留学生をインターンとして受け入れ

この夏、翻訳会社ジェスコでは、フランスの大学生をインターン生として受け入れることになりました。

ジェスコは、社会貢献活動の一環として、過去、生野高校へ翻訳の世界について講演に行ったり、あるいは中学生の訪問学習を受けたりしてきましたが、今回は、海外からの学生をインターンとして2か月間、受け入れることになりました。

海外からの留学生の企業研修先として、翻訳会社はうってつけと考える方は多いと思います。
そうでしょうか?

日本の翻訳会社には、正社員翻訳がほとんどいません。全くいないところもあります。では、翻訳会社であれば英語フランス語が話せるのでしょうか?そんなことはありません。それに、ホームページに英語で書かれたページも殆どありません。一般の企業以下のレベルではないかと思われるくらいです。

そんな状況ですから、翻訳会社インターン先に適しているとは言えず、正直に言えば不向きでしょう。しかしながら、老舗翻訳会社ジェスコは違います。

今回の留学生には、ジェスコを通して立派に研修をしてもらいたいと思っていますし、協力していきたいと考えています。


翻訳会社ジェスコ

スポンサーサイト

Tag:老舗 翻訳会社 ジェスコ フランス人 留学生 インターン インターンシップ 社会貢献活動 英語 フランス語