読み方の違いの説明方法を

物事を説明、解説などする時にいつも同じ例だと陳腐になってつまらない事が多い。

英語フランス語名前読み方が違うのを説明する例として、

Catherine (英語:キャサリン フランス語:カトリーヌ)

Elisabeth (英語:エリザベス フランス語:エリザベート)

などが定番で面白くない。

ある日、車が動かなくなりパパラッチの一人が原因を調べるとガス欠であった。
その車を運転していた女性は、それを聞いて「ガソリンってなあ~に?」と言ったそうな。
それでも免許がとれるのが素晴らしい。

Paris (英語:パリス フランス語:パリ)

・・・

次は、マドンナの愛娘 Lourdes名前

Lourdes (英語:ローデス フランス語:ルルド)

厳密な話は別にして、この辺りが新手の例かもしれませんね。





翻訳会社ジェスコ




スポンサーサイト

Tag:翻訳会社 ジェスコ 英語 フランス語 名前 読み方 Paris Lourdes