珍魚?

北京は、「ペキン」であるが、実際は Beijing (ペイチン)である。

また、フランスでも北部に行くと 犬の chien (シアン)を 「キアン」と発音する地方がある。
大作曲家のバッハBach)は、フランス語では 「バック」と発音されるが、その地方では「バッキ」となり、
私のフランスの友人などは、もうフランス語ではないと言っていた。

「キ(ki)」と「チ(chi)」は、区別がつきにくいのだろうか?

ここに4才と2才の姉妹がいる。

お姉ちゃんは、金魚を全く問題なく「キンギョ」と発音できる。
しかし、2才になったばかりの妹は「チンギョ、チンギョ」という。

「チン」の意味まではっきり分かるお姉ちゃんは、笑い転げる。
そんな光景をほほえましく見ている今日この頃である。






翻訳会社ジェスコ
スポンサーサイト

Tag:翻訳会社 ジェスコ フランス語 Bach バッハ 金魚