テレビは情報機器であって、娯楽設備ではない

ここのところ苦戦、撤退の続くテレビ業界に一言。

テレビは何と言っても家庭団欒の中心に位置する最も重要な家電であった。
それは間違いない。

IT、インターネット全盛の現代はどうであろうか?

「家庭の娯楽設備」としてのみとらえるのであれば、撤退もあり得る。未来はない。
人件費が安いという利点しかない国がとってかわり得る。

私は、ずーっと以前からテレビは情報機器としてとらえてきた。世界の情報、映像は鮮明に大きな画像で見たいと思ってきた。

まずテレビとつながったのが、オーディオ機器である。まだステレオと呼ばれていた時代にアンプと接続し高音質で聴く。多くの家庭でも実際にそのように活用された。

では、我が家のテレビの現在はどうであろうか?

オーディオラックに接続されているのは当然である。ビデオ、ブルーレイ、ハードディスクも接続されている。勿論、インターネットにも無線で接続しているのでSKYPEも常時出来るようになっている。

そんなにたくさん接続していると考えてはならない。今はそれだけしかつながっていないのだ。

冷蔵庫や洗濯機とはつながっていない。病院、銀行、学校、警察ともつながっていない。不便で仕方ないと考えるのがテレビの情報機器としての価値を変えていく。

スマートフォンはやがて携帯に完全にとってかわるだろうが、外ではスマホ、家ではテレビとなるだろう。残念ながら、「家ではパソコン」とはならない。パソコンこそ、未来がないと考える。

以上、常識的な意見であったが日本のテレビメーカーには、踏ん張っていただきたい。
勿論、その方向で頑張っておられると思うがあえて言わせていただいた。






翻訳会社ジェスコ


スポンサーサイト

Tag:翻訳会社 ジェスコ テレビ